台湾鉄道ローカル線の旅。電車の種類、時刻表、携帯アプリ。

シェアする

人気記事

人気記事

こんにちは、みみたまボーイです。

f:id:mimitamaboy:20170626055525p:plain

台湾鉄道

日本の在来線に相当する台湾鉄道=台鐡(タイ ティエ)での移動も良いですよ。古く懐かしい感じがする台湾鉄道、みみたまボーイは結構好きです。また、台湾鉄道は新幹線に比べ、はるかに安く、近場への移動には便利。




電車の種類

まずは電車の種類を見ていきましょう。日本でも各駅停車、急行、特急とありますよね。表記としては全部で6種類です(以下)。いっぱいありますが、区間車は鈍行、その他は特急と思っておけば良いです。

特急は、座席指定なので、特急券が必要です。通常の特急(自強號とか)なら満席の場合でも特急券は売ってくれます。当然、席は無いので、立つことになりますが、乗ることは可能。ただし、普悠瑪號と太魯閣號は完全座席指定、席無しでは乗れません

【電車の種類】

  • 普悠瑪號(特急と思っておけばよい)
  • 太魯閣號(特急と思っておけばよい)
  • 自強號(特急と思っておけばよい)
  • 莒光號(特急と思っておけばよい)
  • 復興號(特急と思っておけばよい)
  • 区間車(鈍行)
普悠瑪號と太魯閣號は完全座席指定

台湾鉄道の路線、時刻表調査

次に時刻表。携帯アプリが便利です。このアプリが使いやすくてお勧めです。

台鐵e訂通

台鐵e訂通

  • Taiwan Railways Administration
  • Travel
  • Free

アプリの使い方

アプリを起動すると下の画面になります。青枠の部分をタップ。

f:id:mimitamaboy:20170626052012p:plain

下のような検索画面になります。「去回程」は往復、「単程」は片道です。今回は片道の例。

f:id:mimitamaboy:20170626052114p:plain

続いて、乗降車駅を選びます。「起程站」が乗る駅、「到達站」が目的地。「起程站」、「到達站」をタップすると、下の写真のように「地区」と「駅名」が表示されるので、それぞれ選ぶだけです。

下の例だと、乗車駅は「新竹地区」から「新竹駅」を選んでいます。降車駅は「台北地区」の「台北駅」になっていますね。

f:id:mimitamaboy:20170626052439p:plain

「起程站」、「到達站」を選んだら、次は乗車日、時間を入力します。「出発時間」をタップして、乗車日と時間を選んでください。

f:id:mimitamaboy:20170626052713p:plain

最後、右下の検索を押します。

f:id:mimitamaboy:20170626053332p:plain

すると、下のように候補となる電車が出てきます。簡単ですね。特急は右側にお金マークがついています(赤いところ)。

f:id:mimitamaboy:20170626053426p:plain

チケットの買い方(区間車)

買い方とタイトルに付けてはいるものの、区間車は台湾内の移動には欠かせない悠遊卡(ようようか、ヨウヨウカ)で乗れます。とても便利なので、ぜひ悠遊卡を使ってください。日本と同じでICカードを改札にタッチするだけです。

f:id:mimitamaboy:20170626054927p:plain

もちろん、駅の自動券売機でも切符は買えます。券売機があります。操作方法は日本と同じなので、迷うことも無いでしょう。記念に切符が欲しい!という人はこれもアリ(みみたまボーイは使ったことはありません)。

f:id:mimitamaboy:20170626054709p:plain

f:id:mimitamaboy:20170626054747p:plain

特急券の買い方

特急に乗るには特急券が必要。駅の券売機で買えますが、台湾鉄道の特急は非常に混んでおり、いつもほぼ満席。事前に特急券を確保しておいた方が良いです。また、台湾東部(宜蘭、花蓮、台東)への特急券は、事前予約でも取れません。台湾東部に台湾鉄道で行く場合は、旅行代理店に頼みましょう。

コンビニで特急券の事前購入ができます。

台湾東部へ行く時は、旅行代理店を利用しましょう。

それでは、良い旅を。

f:id:mimitamaboy:20170626055439p:plain