台湾の秘境。台湾穴場観光地 忘憂森林への行き方(バス)

シェアする

人気記事

人気記事

こんにちは、みみたまボーイです。

台湾の秘境、 忘憂森林を紹介したいと思います。忘憂森林は台湾秘境の中ではそれなりに有名ですが、かなり遠いので、台湾人でも、実際に行ったことがあるという人は少ないです。日本でも有名になりつつありますが、何せ遠いので情報も少ないですね。




忘憂森林とは

忘憂森林(wang4 you1 sen1 lin2、ワン ヨウ セン リン)は、1999年の台湾地震が元でできたそうです。まだ新しいですね。地震で落下した石で沼地が形成され、元々そこに生息していた杉の木が死んでしまい、この姿になった。

命ある時は普通の森として存在していたものが、死ぬことで観光地としての命を得た。起きたことが良いことなのか、悪いことなのかは見方によって変わりますが、杉にとっては普通の森の方が良かったのかなとも思います。

忘憂森林の場所

台北から。改めてまとめてみると、凄い場所にありますね。台湾のちょうど真ん中。

Google mapです。まずは台北から。

続いて、最寄り駅である台中から。

忘憂森林への行き方(バス)

  1. 新幹線の台中駅へ行く
  2. 新幹線の台中駅に直結している台湾鉄道 新烏日站→台湾鉄道台中駅へ行く。(もしくは、タクシーで台湾鉄道台中駅へ行く)
  3. 台中駅(干城站から出ています。場所は注意!)から「杉林渓行き:6871」に乗車。 「忘憂森林」バス停で下車。片道約3時間

バスの乗り方などはこの記事を参考にしてください。

みみたまボーイは、台中に一泊して、早朝(朝イチ)のバスで忘憂森林に行きました。それでも、到着するのは昼前。帰りのバスも少なく、計画的な行動が必須です。

バスは台中駅からちょっと歩いた干城站から出ています。

【干城站の場所

【時刻表】

6871のバス情報 (「時刻資訊」でバスの時間が見れます。時間が限られているので、注意!)

【路線図】

忘憂森林の様子

忘憂森林のバス停に着いたら、そこから「忘憂森林」まで歩きます。ちょっとした山道になっていて、距離的には大したことないのですが、歩くと20~30分くらい。道は簡単で看板もあるので、まず迷う心配はないのですが、山道が急なので、とても疲れます

山道のスタート地点で、タクシー?がいて、「上まで片道100元!」と言ってきます。みみたまボーイはケチって乗りませんでしたが、これは乗っておくべきです。一緒に行った友人も同意見でした。帰りは下りなので、バスまで時間があれば、歩けばよいかと思います

行きはお金を払って車に乗りましょう。

さて、山道を登りきると、ようやくメインディッシュの忘憂森林」に到着です。ここまでの長い道のりを経てみる「忘憂森林」、それはそれは素晴らしい絶景だった、と言いたいところですが、正直なところは、「まあ、まあ」でした。

もっと近かったら、これくらいでもいいんですけどね、時間かかって期待値が上がっていたので。日本からの観光で「忘憂森林」だけを訪れるのは、ちょっとお勧めしません。台湾に住んでいるなら、一度は訪れてもいいかなと思います。

f:id:mimitamaboy:20170624025635p:plain

山の中にカフェもありますよ。

f:id:mimitamaboy:20170624025728p:plain

では、また。