台湾旅行必須アイテム悠遊卡。買い方、使い方(子ども用もある)

シェアする

人気記事

人気記事

こんにちは、みみたまボーイです。

f:id:mimitamaboy:20180316155142p:plain

台湾旅行必須アイテム、悠遊卡(ようようか、ヨウヨウカ、Easy Card)。本当に便利で台湾日常生活、台湾旅行に欠かせません。悠遊卡無しでの生活では考えられない。旅行で台湾に来ただけ、という人にも是非使ってほしいレベルです。




悠遊卡(ヨウヨウカ)とは

悠遊卡は、日本で言うとSuicaやICOCAといったプリペイド式のカード。ただのプリペイド式カードですが、MRT(地下鉄)、バス、コンビニ、レンタサイクル、ロープウェイ、フェリー、コンビニなど、公共の乗り物の殆どをカバーしており、存在感抜群。これ一枚で生きていけます。*一部のタクシーでも使える。

悠遊卡はカバー範囲が凄い

下の写真のように、三種類あります。一番左が、一般的な悠遊卡、真ん中は学生用悠遊卡、一番右が子ども/老人用の悠遊卡です。いずれも、100元。

いちいち券売機探して切符を買う手間が省けるのは当然ですが、例えば、バスの場合、お釣りがでてこないため、事前に小銭を準備…といった煩わしさも解消できます。小さなことですが、積み重なると節約効果絶大。そして、その全てが悠遊卡一枚でカバーできるのが、本当に素晴らしい。

悠遊卡入手方法

簡単です。駅、コンビニで買えます。

駅のInformatonで買えます。ヨウヨウカとカタカナ発音で通じます。

台湾にはコンビニがいっぱいあります。コンビニでも悠遊卡を買うことができます。

f:id:mimitamaboy:20170620210606p:plain

多くの場合、コンビニのレジ付近に、下の写真のように置いてあります。これをレジに持って行くだけでOK。悠遊卡の値段は100元。100元は戻ってきませんが、間違いなく100元以上の価値はあるでしょう。

また、悠遊卡はデザイン豊富なので、台湾っぽいデザインのを買えば、お土産にもなりますし、知り合いが台湾旅行に行く時に貸すなど、使いまわせば良いと思います。

例:リラックマ悠遊卡。青枠のところが悠遊卡マーク。

必ず悠遊卡のマークを確認して買ってくださいね。

f:id:mimitamaboy:20180316155323p:plain

子ども用悠遊卡の入手方法注意点

多くの公共交通機関で大人と子どもの料金が違うので、子ども用の悠遊卡もあります。正確には、子ども/高齢者用の悠遊卡で「優待卡」。購入場所は、通常の悠遊卡と同じで駅、コンビニですが、あまり需要が無いため、コンビニの店頭に置いてないことが多いです

↓これが子ども用悠遊卡です。右下に「優待」と書いてあります。

コンビニにも置いてあります。一般的な悠遊卡とマークが違うので注意してください。需要が少ないので店頭に並べていない可能性がありますが、定員に聞くと奥から出してくれることがあります。見つからない時は、店員に聞いてみましょう。

↓コンビニにもありますが、圧倒的に数が少ない。無い場合は店員に聞いてみましょう。

通常の悠遊卡とマークが違うので注意。

悠遊卡へお金をチャージ

プリペイド式なので、当然ですが事前にお金をチャージします。コンビニや駅の券売機付近に自動チャージの機械があります。

コンビニでチャージ

買った時にコンビニでチャージしましょう。悠遊卡とお金を見せ「加值(ジャー ズー:英語のチャージの当て字らしい)」と言えばチャージしてくれます。

悠遊卡とお金を見せて指をさしながら「加(ジャー)」だけでも絶対通じると思います。もっと言うと、何も言わないでもお金を見せて悠遊卡を指させば、雰囲気と気持ちで伝わるハズ。

駅の自動チャージ機械を使う場合

多くの場合、自動券売機の横に悠遊卡のチャージ機械もあります。操作は簡単。下の手順でチャージしていってください。

1.自動チャージ機械を見つける:加値と書いてありますね。

f:id:mimitamaboy:20180319071147p:plain

2.下の赤枠の場所をタッチ

f:id:mimitamaboy:20180319071240p:plain

3.下の赤枠、加値と書いてある場所をタッチ

f:id:mimitamaboy:20180319071348p:plain

4.悠遊卡を機会にセット(置くだけ)

f:id:mimitamaboy:20180319071745p:plain

5.下の画面になったら、お金を入れます。おつりは出てきません。

f:id:mimitamaboy:20180319071440p:plain

6.お金をいれると、確認画面になります。「下一歩」をタッチ。

f:id:mimitamaboy:20180319071551p:plain

7.最終確認

f:id:mimitamaboy:20180319071842p:plain

8.加値成功とでたら、おしまいです。

f:id:mimitamaboy:20180319071935p:plain

上の写真でみみたまボーイは1000元入れていますが、台湾の公共交通機関は安く、例えば台北MRTで一番遠い淡水まで行っても、片道50元。旅行なら、そんなに高額を入れる必要はありません。手始めに300元とかで十分でしょう。

プリペイドなので余ったらもったいないですが、余った悠遊卡でコンビニなどでお土産を買ったりすれば良いと思います。カバー範囲が広いのが、ここでも生きてきます。

悠遊卡の残高確認+使用履歴は、このアプリでできます。ちょっと反映されるのが遅いのが難点。

Easy Wallet

Easy Wallet

  • EasyCard Corporation
  • Lifestyle
  • Free

悠遊卡のやさしさ

買うときに100元払っているのが、万一の時に生きてきます。MRTでしか試したことないですが、改札を出るときに残金が足りなくても、改札を出ることができます。

チャージ金額不足で出れるのは100元までですが、MRTは最高料金でも100元もしないので、出ることができるのです。これを、みみたまボーイの中国語の先生は「悠遊卡のやさしさ」と言っていました。

次に改札を通る時は残高不足なのでチャージしないと改札を通れません。

まとめ

  • 悠遊卡は殆どの公共交通機関で使えるプリペイド式カード
  • 100元かかるが(戻ってこない)、それ以上の価値はある
  • 購入、使用方法ともに簡単
  • 観光であっても使わない手はない
  • 悠遊卡のやさしさが素敵

では、また。